蒼い風にのって

kei1583.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 02日

ドラマ『天皇の料理番』に登場した「日光御用邸」、本物はこちら~

b0345093_11202511.jpg


再び
ドラマ『天皇の料理番』つながりの写真におつきあいを・・・


日曜日に放送された第10話では
大正天皇の静養先として
日光御用邸が出てきました。

実際の日光御用邸でロケしたの?と
目を凝らして見ていたのですが、
庭園の感じも
建物も
どうも違うみたい・・・

ドラマで使われていたのは
千葉県野田市の市民会館らしいですね。


では、ということで
今日は本物の日光御用邸をご覧ください。

現在は「日光田母沢(たもざわ)御用邸記念公園」となって
御用邸内が見学できるんですよ。

(写真はすべて昨年春に撮ったものです)




b0345093_11301240.jpg

さあ、御車寄から中へ。


b0345093_11301845.jpg

広い広い御用邸内です。



b0345093_11302419.jpg


b0345093_11303006.jpg
(御玉突所)



b0345093_11303656.jpg
(謁見所)



b0345093_11304203.jpg


b0345093_11304962.jpg

大正天皇の皇太子時代から
今上天皇皇太子時代の疎開先としてまで
三代にわたり
使われた日光御用邸。

紀州徳川家江戸中屋敷や在来別荘家を移築し、
増築された部分を合わせ
書院様式、数寄屋風、京風、宮廷風、和洋折衷様式と
さまざまな建築様式からなり、
日本の技術を凝らした建具、
灯りや家具に西洋風を取り入れたインテリアなど
見どころ多く
とても興味深い建物です。



b0345093_11310399.jpg


b0345093_11312027.jpg

こじんまりした庭園も
趣があって素敵です。


訪れてみて驚いたのが
邸内で出会う
見学の方々のほとんどが
外国の方だったこと。

日光御用邸が持つ
日本建築の美しさや技術の素晴らしさを
外国の方が認め
興味を持ってくれているのは嬉しい反面、
灯台下暗しなのか
訪れる日本人が少ないことが
ちょっと寂しかった・・・

日光東照宮は外せない観光スポットですが、
余裕があれば
すぐ近くですから
田母沢御用邸記念公園も
見学していただきたいですね。

たぶんここでしか買えない
菊の御紋入りきんつばなどの和菓子や
美智子皇后はじめ
皇室の妃殿下たちの御印が刺しゅうされたハンカチなど
グッズもあるので
皇室ファンには
特におすすめの場所ですよ。



b0345093_11305574.jpg


ちなみにですが・・・

主人公・篤蔵の職場である
宮内省大膳寮として使われていた建物は
地元の高校の講堂でした。

うちの夫はその高校の卒業生だというのに
ドラマを熱心に見ていながら
まったく気づいていないという・・・
とんだ‘のく蔵’だ~(笑)

(ドラマを見てない方、ごめんなさい。
何事も身が入らず
ちゃらんぽらんだった篤蔵は
故郷の皆から「のくてぇ子」(=バカな子)と思われ、
「のく蔵」と呼ばれていたのです)


知っている建物が時々出てくることもあって
ただいまドはまり中の『天皇の料理番』であります。

そう言えば、
和久井映見演じる貞明皇后は
我が故郷とも縁のある方で
(どんな?と思った方はこちらの記事をどうぞ → 「世界遺産です。」
個人的にも注目点が多いドラマです。



b0345093_11565453.jpg


b0345093_11570477.jpg

日光御用邸、
カメラ女子の皆さんには
切り取りたいシーンが
たくさん見つかる場所だと思いますよ~。




にほんブログ村
いつも覧いただきありがとうございます。
よろしければ応援お願いします♪


[PR]

by kei1583 | 2015-07-02 10:39 | Kei’s eye


<< 水辺のクリンソウに魅せられて      野の花をちょっとだけ >>